肌萎缩性脊髓侧索硬化症・ALS

或许是治癒您已放弃病症的一道曙光。


日本札榥医科大学的检讨发表:比药物能够有效治疗重度多発性硬化症的「干细胞」

日本国内也开始了大学内的临床研究。在海外国家早已开始了临床応用,判断出一定的治疗効果的研究以多数被发表。海外国家的成果请参考以下的论文报告。

在日本被归类为难病,也就是难以痊愈或是「不治之症」的疾病,因为干细胞的投与治疗而症状得到了轻减、甚至有痊愈可能的案例开始多了起来。当然我们无法说出「只要接受此治疗就能痊愈」的轻率发言,但若是您本身或重要的人患有此疾,可以试着对此干细胞治疗法抱持希望。

您能看到根据以下论文,治疗需进行自体或是脐带血干细胞以1亿cell×5〜10次的反覆投与。而本院目前能够为您培养10亿cell数,以单次10亿细胞数为治疗分针做为治疗内容。

Swiss Stemcell Clinic 的MS病例

多発性硬化症
注:Swiss Medica Clinic的病例、本院能够为您提供同样等级的治疗。
疾病名 试験形态 人数 患者 细胞 cell数 次数 主要临床征兆 結果 追综期间 索引
多発性硬化症 無対照試験 8 通常療法抵抗性の MS 患者 MSC-IV 2×10^6/kg 5-9回 4Mにおいて 5例 で EDSS 改善(0.5 ポイント)。12M において 6例改善(0.5~1ポイント)、1例維持、1例悪化。 この療法は通常療法抵抗性のMSに対して安全でまずまずの治療効果を示した。 12M 2011 84
多発性硬化症 二重盲検試験 30 通常療法抵抗性の MS 患者 MSC-IV 2×10^6/kg 5-9回 施術後1、3、6MでEDSS MSFC RAO評価 この療法は通常療法抵抗性のMSに対して安全で一定の治療効果を示した。 12M 2011 85
多発性硬化症 介入試験 20 Non-pregnant patients 18-55 years of age with MS according to the revised McDonald criteria and meeting the Poser criteria for clinically defined MS. EDSS scores of 2·0 to 5·5 points assessed at least 3 months after the last acute attack of MS 臍帯血MSC-IV 不明 1回 Neurological assessment of the MS functional composite assessment which comprises of Expanded Disability Status Scale (EDSS), the expanded EDSS (Rating Neurologic Impairment in Multiple Sclerosis, the Scripps neurological rating scale (NRS), paced auditory serial addition test (PASAT), the nine-hole peg test, and 25-foot walking time. Short-form 36 (SF-36) quality of life questionnaire and gadolinium enhanced MRI scans of the brain and cervical spinal cord will also be performed at the indicated time points. Allogeneic human umbilical cord tissue-derived stem cells injected intravenously (IV) once per day for 7 days is a safe and will induce a therapeutic effect in multiple sclerosis (MS) patients. 12M 2014 53
脊髄小脳性運動失調 無対照試験 16 SCA1,2,3型の遺伝性脊髄小脳性運動失調患者 臍帯血-IV 初回 IV:0.8×10^6/kg 2-4回IV:0.4×10^6/kg+ 髄腔内:2×10^7 4回 3,6mo において統計的に BBSおよび ICARS の若干の改善が認められた。 臍帯由来 MSC 投与は安全であり,少なくとも6Mは脊髄小脳性運動失調の症状の進行を遅延させる効果があることが示唆される。 12M 2013 99
多系統萎縮症 対照試験 11 小脳型MSAとパーキンソン型MSA(MSC投与群 11:対照群 18) MSC-IV 初回内頸動脈:2×10^7+ 椎骨動脈:2×10^7、2〜4回IV:0.8×10^6/kg 4 12mo の間,MSC 投与群はUMSARS(おもに日常活動,および運動機能)がやや改善か維持,対照群は経時的に悪化。MSC 投与群では小脳および前頭葉白質でのグルコース標識体の取り込み能が上昇。 MSA に対する MSC 療法は安全であり,神経障害を改善し,病状の進行を遅延させた。 12M 2008 100
多系統萎縮症 対照試験 14 小脳型 MSA(UMSARS30- 50)(MSC投与群 14:対照群 17) MSC-IV 初回内頸動脈:2×10^7+ 椎骨動脈:2×10^7、2〜4回IV:0.8×10^6/kg 4 対照群と比較した場合,MSC投与群は UMSARS(おもに日常活動,および運動機能)の悪化,および小脳と前頭葉白質でのグルコース代謝能の低下の進行が有意に抑制された。 小脳型 MSA に対するMSC 療法は神経障害の進行を遅延させることができたことから,MSAに対する新規治療法となると推察される。 1Y 2012 101
脳性麻痺 ケースリポート 1 視力障害や筋肉機能障害を伴う脳性麻痺,難産による仮死歴のある子供 MSC-IV 0.8×10^6/kg 4 3,6M において MSC 投与群では GMFM の有意な上昇。言語能力の上昇は有意差がとれなかった。 MSC から分化した神経様細胞の投与は安全であり,脳性麻痺患者の運動機能障害に対して治療効果がある。 12M 2012 104
索引論文リンク

治疗价目表

施术名称 细胞数(cell数) 詳細 治疗費
针对MS的自体培养干细胞
10亿cell 细胞採取、细胞保管、细胞投与 与干细胞治疗量身专员连系
针对ALS的自体培养干细胞
10亿cell 细胞採取、细胞保管、细胞投与 与干细胞治疗量身专员连系