溃疡性大肠炎(克隆氏症・UC)

克隆氏症和溃疡性大肠炎与免疫系统疾病相近,此类病症已经有关于做干细胞治疗等到效果的有效性案例报告与发表。 内容为因疾病症状造成的肠内壁受到损害障碍,正在对溃疡化的组织直接注入干细胞或是由静脉吊点滴投与等治疗方法进行各种测试,发现有因障碍受损的组织得到改善的实际效果案例。

借由自体培养的间叶系干细胞的静脉投与,症状有望得到軽减。比起使用胆固醇去抑制症状,我们建议已治癒的方向去做思考和治疗。适切的投与量是自体培养干细胞一次1〜2亿cell(根据体重调整)。

疾病名称 试験形态 人数 患者 细胞 cell数 次数 主要临床征兆 結果 追综期间 索引
クローン病 無対照試験 9 CDAI ≧ 220 の中重症度患者 MSC-IV 2or8x10^6/kg 2 28d において,9例すべてが CDAI 減少(平均105 減少:341 → 236)と QOL 向上(平均 113 → 146)。3例で臨床応答,3例で QOL≧ 170。 Prochymal® は中重症度のクローン病に対して迅速にCDAIを減少させ,QOLを上昇させる。 1M 2006 23
クローン病 無対照試験 9 通常療法抵抗性の中重度クローン病患者。CDAI 平均 326(224 ~378) MSC-IV 1~2×10^6/kg 2 6wkにおいて7患者はCDAIの減少(>70)。3患者は病状の悪化により外科手術が必要となった。 自家骨髄由来 MSC の静脈投与は適しており,重度のクローン病患者に有効であるかもしれない。 6week 2010 24
潰瘍性大腸炎・クローン病 対照試験 50 潰瘍性大腸炎患者(対照群 30例:MSC 投与群 39例)とクローン病患者(対照群 10例:MSC 投与群 11) MSC-IV 3~4×10^6/kg 1 対照群との比較では,MSC 投与群は潰瘍性大腸炎 39患者とクローン病 11 患者で疾患活動指数および内視鏡指数が有意に減少。40 患者で寛解。潰瘍性大腸炎 8患者とクローン病2患者で効果が不十分。34患者でステロイドの離脱,7患者で大幅な漸減。 MSC の静脈投与は慢性炎症性腸疾患に対する新規の治療法となるだろう 4-8M 2010 25
潰瘍性大腸炎 対照試験 44 潰瘍性大腸炎患者(対照群 40例:MSC 投与群 44例:infliximab 療法12例) MSC-IV 3~4×10^6/kg] 1 対照群との比較では,MSC投与群は 34例で疾患活動指数および内視鏡指数が有意に減少。12で効果が不十分。ほとんどの患者でステロイドの中止,7 で大幅な漸減。治療効果はinfliximab 療法と同程度。 MSC の静脈投与は潰瘍性大腸炎に対する新規の治療法と評価できる。 24M 2010 26
潰瘍性大腸炎 対照試験 35 潰瘍性大腸炎患者(対照群 20例:MSC1 回投与群20例:MSC3 回投与群 15例) MSC−IV 不明 1回/3回 12M において疾患活動指数,内視鏡指数,組織病理指数の評価の成績,および寛解期間の長さは MSC3 回投与群が最も良好。 MSC3 回投与は単回投与よりも潰瘍性大腸炎に対して治療効果が優れる。 24M 2012 27
索引論文リンク

治疗費用

自体培养干细胞 细胞数(cell数) 詳細 治疗費
针对溃疡性大肠炎的自体干细胞治疗
培养期间1周以上
1−2亿 ・不死化细胞培養費
・细胞採取費
细胞保管費(5年)
与干细胞治疗量身专员连系